AI搭載Web接客ツール「ZenClerk(ゼンクラーク)」が 10月8日から「Amazon Pay」と連携開始
ZenClerk情報 Oct 8, 2019

AI搭載Web接客ツール「ZenClerk(ゼンクラーク)」が 10月8日から「Amazon Pay」と連携開始

煩雑なフォーム入力を簡易化し、ECサイトのCVR改善をサポート

Emotion Intelligence株式会社(読み:エモーション インテリジェンス、本社:東京都品川区、CEO:太田 麻未、以下「当社」)は、10月8日(火)より、Amazonアカウントを利用して商品やサービスの支払いができるID決済サービス「Amazon Pay」と連携したことをお知らせします。

ZenClerk: https://www.zenclerk.com

Amazon Pay: https://pay.amazon.com/jp

■「Amazon Pay」を利用すると、煩雑なフォーム入力作業が省略可能!

Amazonアカウントを利用して買い物ができるID決済サービス「Amazon Pay」を利用すると、お客様ははじめて購入するECサイトでも、配送先情報やクレジットカード情報などの入力作業を省略でき、簡単且つ安心して買い物ができるようになります。

当社のAI技術でフォーム離脱が予想される顧客に対するレコメンデーションと「Amazon Pay」を組みあわせることで、大幅なカゴ落ち軽減と新規顧客の獲得が期待できます。

■「Amazon Pay」連携の背景

当社、Emotion Intelligence株式会社は、AI搭載のWeb接客ツール「ZenClerk(ゼンクラーク)」を運営しております。

これまでEC事業者様を中心に、800社を超えるサイトのCVRやLTV、回遊率などの改善に寄与して参りました。

当社の強みは独自のAIエンジンにより、購入や申込を「迷っている」顧客のみを判定し、インセンティブやレコメンドを通してあと一押しをサポートする役割を果たしています。今回、Amazon Payとの連携を開始することで、より負担の少ない購入決済フローを実現し、更なる顧客体験の向上とサイト売上の拡大、更には、日本のキャッシュレス普及の一助となれるよう努めて参ります。

■ZenClerkについて

「ZenClerk」は、感情の高まりを解析する人工知能「Emotion I/O」が、1ページ内のユーザーの行動データをリアルタイムで取得・学習しています。その技術により他のウェブ接客ツールでは捉えることができない「いまこの瞬間の心の動き」を察知し「最適なタイミングでの販促」を実現することができます。

製品ページ:https://www.zenclerk.com/

■Amazon Payについて

Amazon Payは、Amazonアカウントに登録されている配送先情報とクレジットカード情報を利用して、Amazon以外のサイトでログイン・支払いができるID決済サービスです。Amazon Payを使用すると、Amazon Payに対応しているサイト(Amazon.co.jp以外のサイト)において、お客様はこれらの情報を入力することなく、簡単に安心して購入できます。

※Amazon、Amazon Payおよびそれらのロゴは、 Amazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です。

<Emotion Intelligence株式会社>

「瞬間を捉えるテクノロジーであらゆるビジネスを加速させる」というミッションの下、今まで誰も着目してこなかった領域にフォーカスして多角的なプロダクト開発とビジネス展開を行うことで、世の中を変える新たな価値を提供しています。

会社ホームページ:https://www.emin.co.jp/

あらゆるビジネスを加速する

私達は、データサイエンスやエンジニアリングを通して「全てのWebサービス事業者が抱える本質的な課題」について、
「次の一手」を提供することで課題解決をしていきます。